スイーツ

専門学校の特徴

入学時の費用を調査する

スイーツ男子という言葉がある様に、現在ではスイーツに拘りをもって食している人が多くなっています。スイーツは、見た目の可愛らしさや美しさに加えて、人に癒しさえも与える食べ物となっています。 スイーツを提供してくれる専門職としては、パティシエが存在しています。菓子やデザート全般に関してのサービスをしてくれます。パティシエを目指す人も見られ、専門学校で実践的な授業を受ける人も多くなっています。パティシエの専門学校に入学する場合、入学希望者も増えているため、専門学校の数も増えています。入学する場合に必要となる学費については、1年制で約200万円弱、2年制で約400万円弱が掛かります。一般的な2年制大学に入学した場合と、ほぼ同額位の金額が必要になるという認識ができます。詳細な数字については、資料請求の時点で確認する様にしてください。

特徴を見て自分に応用する

製菓の知識も得られる高校やパティシエの専門学校については、主にはお菓子づくりにおける実践的な内容を学ぶ事になります。生徒数の多い都心部の大きな専門学校の場合には、海外での留学などもコース内容に盛り込まれている事があります。2年制の場合には、1年次に実技を学んだ上で、国内のインターンシップなどを経験させる機会を設けている専門学校もあります。学校の規模が大きいほど、提携先なども多方面に渡っているケースが多く見られます。 パティシエという職業を目指して入学している人が多いため、専門学校側でも、卒業後の進路相談に力を入れている事は多くなっています。自分の将来を見据えた上で、専門学校の特徴を掴み、卒業生の進路状況なども把握しておくと、自分の将来にも参考になります。

カフェを専門的立場から学ぶ

カフェ学校で学ぶためには、大体の費用として、安い場合には1回10,000円位から、週5日通う場合には200万円位の年間費用が掛かります。カフェでの専門的サービスを提供するために、学校ができ始めたのは、1970年代から80年代に掛けての事です。現在では、高い専門性や実技を学ぶ事が可能になっています。

詳細を読む

専門学校で製菓を学ぶ

製菓の専門学校には、和菓子、洋菓子、パンなどのコースがあります。最近はそれぞれに境界線がなくなってきていて、味のバリエーションが広がってきました。最近はテレビドラマの影響もあり、さらに製菓の人気が高まってきています。

詳細を読む

バリスタの資格を取得する

コーヒーの消費量が世界第4位である日本では今後、バリスタの資格の需要が高まると思われます。この資格に関しては、専門学校や通信講座など様々な方法で現在では学ぶことが出来、日本バリスタ協会の主催する講習会に参加することによってこの資格は認められます。

詳細を読む